Select your language              
Top
上に




板金など車修理は
カーライフ北海道へ

札幌で安い板金・塗装をお求めなら【株式会社カーライフ北海道】へお越しください。
近年の「安売り板金・塗装」では、本来必要な工程(長持ちさせるために必要な処理)を省略している場合もあります。
カーライフ北海道では、大小にかかわらず、下地処理・下地塗装・中塗り・上塗り・磨きと、しっかりとした工程を経て施工するため、美しい仕上がりをお求めの方はぜひご依頼ください。


    ガラス・車体につくウォータースポットについて

ガラスや車体に付着しやすいウォータースポットとは、簡単にいうと水の跡のことです。
雨や洗車時の水滴がレンズ効果で熱を集めて、塗装が焼けてしまったり、酸性雨によって塗装が酸化して跡が残ってしまったりします。

中には、雨や洗車時の水が斑点状・うろこ状に白く残るイオンデポジットというものもあります。イオンデポジットは、水分が熱によって急激に蒸発することで、水に含まれているミネラル成分がボディーに残り、白い輪の跡が残ることです。
すぐに除去せずに放置していると、熱によってどんどん硬化していき塗装面に浸透してしまいます。イオンデポジットは専用のクリーナーで落とすことができるため、気づいたら早めに除去しましょう。

一方、ウォータースポットは、塗装に凹凸ができてしまうためなかなか除去することができません。
へこんでしまった塗装を平滑にするためには、ポリッシャーとコンパウンドを使い、研磨する必要があります。

セルフ洗車で落ちないウォータースポットは、札幌で車修理を承っている【株式会社カーライフ北海道】へお任せください。プロの技術でお客様の愛車を美しく蘇らせます。








板金・塗装の豆知識

板金・塗装編1
キズの種類


板金・塗装編2
車にキズをつけずに磨くコツ


板金・塗装編3
車にサビが発生する原因とリスク


板金・塗装編4
ガラス・車体につくウォータースポットについて


板金・塗装編5
車の塗装を劣化させないための紫外線対策


板金・塗装編6
塗装の種類


ガラスリペア編1
飛び石でフロントガラスにひびが入ってしまったら・・・


ガラスリペア編2
リアガラスに入っている横線について


板金・塗装編7
車の塗装を劣化させる原因


板金・塗装編8
車の健康診断!洗車時にチェックしたいポイントとは?






札幌で車キズの修理は【株式会社カーライフ北海道】まで

会社名 株式会社カーライフ北海道
店舗 カーライフ北海道 本店
カーライフ北海道 SUV・ハイエース専門店
スマイルオート
スマイルオート2号店
事業内容 新車・中古車販売、買取/一般整備/損害保険代理業
役員 代表取締役 佐々木 憲一
住所(本社所在地) 〒001-0905 北海道札幌市北区新琴似5条1丁目4-19
TEL 011-700-4221
FAX 011-700-4222






 優良中古車を全国へ、世界へ。
JapanCarConnection

With

カーライフ北海道
〒001-0905 札幌市北区新琴似5条1丁目4番19号
Tel.011-700-4221 Fax.011-700-4222

ハイエース・商用車専門店
〒002-8054 札幌市北区篠路町拓北162番地14
Tel.011-791-5911 Fax.011-700-4222

スマイルオート1号店
〒002-8054 札幌市北区篠路町拓北6番地7
Tel.011-788-5303 Fax.011-788-5308

スマイルオート2号店
〒002-8054 札幌市北区篠路町拓北162番地338
Tel. 011-792-0788 Fax.011-788-4537

札幌の板金や塗装、車キズなら
板金塗装センター
スマイル車検センター
〒002-8054 札幌市北区篠路町拓北162番地13
Tel. 011-788-4587 Fax.011-788-4537

【事業内容】
新車・中古車販売・買取/一般整備/車検整備
板金塗装/損害保険代理業/板金塗装センター
スマイル車検センター

総合受付 通話料無料

0120-886-221







メイン
 在庫・お見積
 通販
 口こみ
 店舗案内


トップページ
 仕入れ・選定
 点検・整備
 美装
 情報開示
 保証体系


特集記事
 マイナス情報の開示


リンク
 カーセンサーネット
 グーネット
 トレードカービュー


運営
 会社案内
 個人情報保護方針
 法令に基づく表示


Copyright 2018 Car Life Hokkaido inc. All Rights Reserved.
当社に無断で記事や映像の転載を行うことは法律上禁止されています。