当社では、第三者機関である「日本自動車鑑定協会(JAAA)」による鑑定や、「日本オートオークション協議会管理システム(NAK)の走行メーターチェックを受けています。
鑑定によるマイナスポイントをお客様に開示することで、安心して車を購入できるという声を寄せていただいています。
その上で、社内でも厳しいチェック基準を設け、万全の点検・整備・美装を行っています。ここでは、その工程の一部をご紹介します。

仕入段階から当社の厳しいチェックが始まります。
車の使用履歴や修復歴、車体の損傷状況などを確認し、お客様に販売するに足るコンディションかどうかをチェックの上で、当社選定基準に適合した優良車のみを仕入れています。


当社が仕入れた車は、展示や在庫登録をする前に、整備士による点検・整備が行われます。事前に確認した修復歴や損傷状況などに間違いはないか、お客様にとって不利益となりそうな不安箇所はないか、装備品やパーツ単位でも動作確認が行われます。そして、「これなら大丈夫」と確信できるまでコンディション調整を行います。時には、整備と試験走行を繰り返して万全の確認をします。
全体的に問題がなくても、小さな不安箇所が確認された場合は、お客様にその情報をすべて「デメリット」としてお伝えしています。これが当社が毎日実施している点検・整備作業です。




点検・整備を終えてもまだ展示車にはなりません。
次は車体のクリーニング作業です。これも当社が非常に重視している作業です。中古車を購入されるお客様で、多くの方が気になるポイントではないでしょうか。
目に見える箇所はもちろん、場合によってはお客様がずっと見る機会のない部分まで、時間をかけて清掃・美化を行います。
最後は「美装責任者」がチェックを行い、基準以上の仕上がりであれば、次の工程に進みます。




最後に、整備士と営業責任者が最終チェックをしています。このチェックをクリアした車体が初めて商品として展示され、お客様に公開されます。







 

本店 | 札幌北店 | 点検・整備・保証 | 道内・全国陸送 | よくあるご質問 | ブログ | お問い合わせ | 会社案内

+特定商取引法に基づく表記    +個人情報保護方針 

Copyright 2013 Car Life Hokkaido inc. All Rights Reserved.
当社に無断で記事や映像の転載を行うことは法律上禁止されています。